デザイナーズ住宅で独自の住宅を手に入れる|これこそマイホームだ

Home

外壁塗装の工夫

デザイナーズ住宅の知っておくと良い豆知識

House

デザイナーズ住宅とは、注文住宅の中でも特に施主のこだわりを多く詰め込んだものとなります。設計事務所によって設計された住宅となりますが、建材や設備などを多くの選択肢から適切なものを選び、建設するものとなります。そのために費用は注文住宅の中でも最も単価の高いものとなるのが特徴です。 その設計においては、もちろん予算を提示した上でその範囲内に収まることを把握した上で、どんな材料を使用すれば住みやすさを実現できるのか、長く住める耐久性を備えることができるのか、建築士の長年の知識の蓄積を活かして形にしていくものとなります。その際に大切なことは、施主として求める住みやすさをどこに置くのかということです。寛げる住空間とすることなのか、あるいは収納に工夫を凝らしたものなのかなど、具体的に追及できるような形で提示することを意識することが大切です。

工夫することで得られるメリットとは

デザイナーズ住宅を建設する上で必要となる工夫として、いかに長く住める住まいとするかが挙げられます。そのためには、外壁塗装における工夫が必要となります。デザイナーズ住宅の建物を外から丸ごと守るような塗料を使用することによって、必要とするメンテナンスの手間を省くことができます。さらに断熱効果も高いことから、光熱費を抑えるメリットも生むことになるわけです。 冬場には結露の発生を防ぐこともできますし、それによってカビの発生を防ぐことにもつながります。その結果、築年数が経過した時のリフォームの費用も大きく削減することができます。このように、デザイナーズ住宅の建設において外壁塗装に工夫するだけで非常に多くのメリットを生むことにつながるわけです。